会社員から駐在妻へ~ホーチミンで3人暮らし~

会社を辞めて息子と一緒に主人の海外転勤に帯同中です。

1歳の子どもを連れて1月にホイアン旅行に行きました

f:id:yuriponpon:20180205014057j:plain

1歳11か月の息子を連れてホイアンに行きました。
しかも雨季真っ盛りの1月に。
こんなオフシーズンにどれくらい楽しむことができたのか、
書きたいと思います。

=====

=====

1.ホイアンとは?

ベトナム中部、クアンナム省に属する海辺の都市。
16世紀にホイアンを拠点に対外貿易に力を入れたことで、
世界貿易港として発展。
日本の江戸幕府とも親交を深め、
当時は1000人ほどの日本人が日本人街を形成していた。
1999年に「ホイアンの古い町並み」(30haほど)が
ユネスコ世界遺産として登録される。

2.ホイアンのアクセス

ホイアンへ行くには近くの街、ダナン国際空港を使います。
日本からは成田、関西から直行便が出ているようで
成田⇔ダナンは5時間程度(行きと帰りで所要時間が変わります)
私はホーチミン在住なので、
ホーチミン国際空港から出発して1時間強。
ダナン⇔ホイアンは車で40~50分程度でした。

ちなみにダナン&ホイアンのマイリンタクシーはこちら
f:id:yuriponpon:20180204234851j:plain
ホーチミンと電話番号も違うし、
車体番号(ホーチミンは数字4桁)も違うので注意~
もちろんビナサンも走ってます。
ダナン空港で「これマイリンだよ!」
とタクシーをさばく人に指差されたタクシーは
(ベトナムあるあるですが)
明らかにマイリンではなかったので、注意です。

3.1月のホイアンの服装

ご存知の方も多いと思いますが、
1月はベトナム中部は雨季真っ盛り。

ただ、雨季といっても日本の梅雨のように
一日中じめじめ降り続くわけでもなく、
雨が降っているのは一日の中でどこかの時間帯、
という感じです。
なので雨が止むのを待てば普通にお出かけできます。
服装は半袖だとちょっと寒いけど、
上にパーカを羽織って歩き回っていると
ちょっと暑いかな~という感じでした。

4.ホイアン観光スポットなど

一番有名なのが旧市街。
昼と夜、それぞれ違った表情を楽しむことができます。
それから、アンバンビーチ。
ダナン&ホイアンには4つのビーチがあるのですが、
その中でもホイアンのアンバンビーチは
CNNの世界のビーチ100選にも選ばれたそう。
ただ、海に入れるのは暖かい乾季の時。
雨季に入ると寒いです~
ビーチの話は後程。

5.事前計画&持ち物

私達は2泊3日の旅程。
今回もエクスペディアで航空券とホテルだけ予約。
ホーチミン在住で、ベトナムのタクシーも慣れていたので
ダナンからホイアンまでの移動もタクシーにしましたが
心配な方はダナン⇔ホイアン間の移動も
予約しておいたほうがいいかもしれません。

事前計画の際は、ダナンも観光しようかな~と思っていました。
が、子連れで効率よく動けないこともあったのと、
意外とホイアンでゆっくり楽しめたので
結果的にホイアンだけの滞在になりました。

ダナンではなくホイアンのホテルにしたのは、
ホイアンの旧市街を楽しんだ後
すぐにホテルに戻りたかったからです。
逆にダナンは海しかないよ、と聞いており
この雨季にダナンに泊まるメリットはないなと判断し
ホイアンのホテルを取りました。

今回の旅行でやりたいのは、
ホイアンの昼&夜街歩き
■ビーチ(泳がないけど、水遊び程度ならできるかな?と期待)
■3大グルメ(ホワイトローズ、カオラウ、揚げワンタン)を楽しむ
■ホテルでゆっくり♪
です。

というわけで持ち物は
着替え/水遊びOKの服装など。
子どもグッズは水筒、水筒を洗う洗剤とスポンジ、
子どもが食べるものが無かった時のために
パンやレトルトカレー、お菓子、ベビーカーなどです。
ホーチミンより道ががたがたで、
ベビーカーは大変!
抱っこ紐で旧市街をうろうろできる気合さえあれば
必要なかったかもなと思います。

6.宿泊ホテル(Almanity Hoi An Resort & Spa)

f:id:yuriponpon:20180205011325j:plain
ここを選んだのは私の先輩のお勧めだったのと、
2017年8月号の雑誌『FRAU』に載っていたから♪
所感も含めてホテルのこと色々

■立地:ホイアン旧市街から徒歩10~15分程度。
 旧市街へは徒歩でも行けるし、近くまでタクシーもありです。

■ホテル全体の造り:大きすぎないところが良し♪
 客室は2階建てで宿泊客が沢山いるわけではないので、
 子連れだと顔を覚えてもらえたし、
 何なら宿泊客同士で会話もできました。

■お部屋
 f:id:yuriponpon:20180205004639j:plain
 私達はダブルベッド1台のワンルームタイプをチョイス。
 清潔で古さや不具合は全然なし。
 コンセントの穴が沢山あったのが便利でした。
 ただ、このワンルームタイプ、
 バス&シャワールームとベッドルームが
 カーテン1枚で仕切られているだけなので
 お風呂やトイレ中の音が気になります。
 なので、お友達同士やカップルでは
 このタイプのお部屋は無しかな~と思います。

■食事
 f:id:yuriponpon:20180205005027j:plain
 レストランは1つのみ。
 朝のビュッフェはベトナム、洋風、和風など色々ありました。
 2泊なので2回食べましたが全然飽きませんでした。 
 子どもも問題なく食べられました。

■スパ:宿泊客には一泊あたり50分間のスパ付き♪
 これがとっても癒されました☆
 
■付帯施設:ちょっとしたキッズルーム、屋外の滑り台がありました。

7.ホテルの近くのご飯どころ&カフェ

(1)Cafe43

f:id:yuriponpon:20180205005312j:plain
住所:43 Trần Cao Vân, Phường Minh An, Hội An, Quảng Nam
営業時間:8時半~22時
同じ通りにいくつかご飯屋さんはあるのに、
ここだけトリップアドバイザー評価や口コミがめっちゃ高い!
ので、無難にここに行きました♪

f:id:yuriponpon:20180205010005j:plain
無数の証明写真風の顔の数々が
テーブルに敷き詰められていた謎。
見知らぬ人に見つめられながら頂きます^^;
ホイアンに到着してすぐ、一通りホイアン料理を注文♪
全部美味しい~!
息子はカオラウをもりもり。
(日本のうどんがルーツらしいので似ています。
ライムをかけて混ぜ混ぜする前に取り分ければOKです)

f:id:yuriponpon:20180205010240j:plain
それと、ホーチミン在住の私がびっくりしたのは
バインセオ。
もちろんホーチミンにもあるのですが全然違いました。
まず、生地がこっちの方が厚くて、刻んだネギが入っています。
恐らく卵も入っている味?
もう1つ大きく違うのがライスペーパーに包んで食べること。
私はホイアンのバインセオの方が好きだなぁー

カオラウ、ホワイトローズ、揚げワンタン、
バインセオ、アイスティー2つで16万ドン(約800円)しませんでした。
安い!

(2)Hi Phin coffee

f:id:yuriponpon:20180205010659j:plain
住所:16 Trần Cao Vân, Phường Cẩm Phổ, Hội An, Quảng Nam
営業時間:7時~22時
写真に写っている看板の住所が取れまくってますが、
Cafe43と同じ通りにあるカフェ。
f:id:yuriponpon:20180205011024j:plain
本格コーヒー屋さんのようで飲み物しかメニューがありません。
注文を受けてから丁寧に入れてくれる感じ。
コーヒーすごく美味しかった!
風が吹き抜けて気持ち良かったです~。

8.ホイアンの旧市街

言わずと知れた感じなので、写真のみ。
f:id:yuriponpon:20180205011539j:plain
f:id:yuriponpon:20180205011549j:plain
f:id:yuriponpon:20180205011737j:plain

9.旧市街での夜ごはん

f:id:yuriponpon:20180205013910j:plain
初めてのホイアン訪問だったので、
有名店にしましたー。
■Morning Glory
住所:106 Nguyễn Thái Học, Minh An, Tp. Hội An, Quảng Nam
営業時間:11時~22時半

コムガーが美味しいと聞いていたけど
本当にその通り。。。

10.1月のアンバンビーチ

f:id:yuriponpon:20180205011739j:plain
ホテルからシャトルバスが出ていて、
10分程度で到着しました。
雨季なので行ってもしょうがないかな~と
直前まで思っていたのですが、
途中から晴れ間がのぞいてくれたお陰で行って大正解!
泳いでいる白人の方も沢山いましたよー。

f:id:yuriponpon:20180205011945j:plain
プライベートビーチ、と言っても
周辺のホテルに泊まっている方が行くことのできる
プライベートエリアのようで、
ホテルごとの区切りはありませんでした。
整備されたのが最近なのか、ファシリティが綺麗。
ベトナムのビーチって整備しきれていない
ところも多いらしく、
やっぱそういうところが途上国だよねって感じが
ぬぐい切れないそうなのですが、
ここはとても快適に過ごせました。
しかも、ビーチで飲み物食べ物が安い!
というわけで1月のアンバンビーチは
当日のお天気次第ということになりますが
全然ありです。
寧ろ暑すぎなくて過ごしやすかったです。




以上です!
本当はもっと詰め詰めで回ることも
出来たのだと思うのですが、
息子と一緒にのんびりできて満足の旅でした♪


- - - - - - -

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

会社を辞めてホーチミン駐在妻になって1年。果たしてお金貯まった?

f:id:yuriponpon:20180115233859j:plain

はい。皆さん大好きなお金の話です。
最近ますますホーチミン在住の友人知人に
「ブログやってるよね?」と
お声がけ頂けることが増えました。

今日久しぶりに会った知人の方は、

「このブログにお金についての記事が
色々と書いてあるので、
主人に読むようにと言われた」と。

駐在妻さん以外にも男性の方にも
読んでもらっているというのは
初めて知ったのでびっくりしたのですが、
(ありがとうございます!)
それともう一つ
やっぱり皆さんお金の話が好きよねーー
と改めて感じました。
このブログ内での人気記事ランキングも
割とお金関係の話がいつも上位に来ていたりします。
前置きが長くなりましたが、
そんなわけで今日もお金の話を書こうと思いました。
※本人特定されまくっているので、
残念ながら具体的な数字は書きません^^;

- - - - -

- - - - -

0. 我が家の基本情報とこの記事の目的

2016年7月、主人が渡越。
2017年2月末に私と1歳の息子が後を追い渡越。
コネなし資格なしの私が
総合職の正社員(育休中でした)を辞めたことで
この1年間で駐在生活を送りながら
お金を貯めることはできたのか、
共働き時代と比べて
どれくらい貯めることができたのか、
公開したいと思います。

1. 2017年の我が家の収入(額面)

主人と私は学部卒同学年のアラサー。
共に浪人留年無しで新入社員から転職無しで
1つの会社に勤めている(いた)ので、
会社や業界は全然違いますが
収入はそこそこ同じでした。

なので共働きしていたときと比べて
2017年の額面の収入はざっくり言うと半減。

※厳密に言うと、2017年の世帯年収
私の退職金が出たのでその分多いはずなのですが
アラサーのため勤続年数も大したことなく
退職金も雀の涙で、
慌ただしい渡越準備ですぐどっかへ消えてしまいました…



「海外に駐在すると給料が倍になるんでしょ?」
とか
「海外手当いっぱいもらってるんでしょ?」
とかよく言われるのですが、
それは総合商社とか、超大手など
一部に限られているのが現実です。
皆無ではありませんが、
少なくとも我が家はほとんど貰えていない
といっても過言ではありません。

2. 2017年の我が家の収入(手取り)

では、私が駐在妻になることで
額面の世帯収入が半分になると
手取りも半分になったかと言えばそうではありません。
海外に住むことで控除されない税金などがあります。
どの控除がどう変わったかというと、

(1)所得税
ざっくり言うと
「非居住者」(1年以上海外に住む人)は
「国内源泉所得」(日本国内で働いて得たお金)
の分だけ所得税を納めればよいとされているので、
1年以上働く目的でホーチミンに来ていて
日本出張が皆無の主人にとっては1円も納める義務がありません。
よって、控除ゼロです。

(2)住民税
「毎年1月1日に住民票を入れていた自治体に
 その年の6月から1年間納める」のが住民税。
主人は2016年7月に日本の市町村から住民票を抜いたので、
我が家は2017年6月から課税されなくなりました。
よって、現在は控除はゼロです。

(3)健康保険、厚生年金
これはお給料が日本の会社から支払われるのか、
現地法人から支払う形式をとっているのか、など
会社によって変わると思いますが
大抵は控除されていることが多いと思います。
我が家も日本の時と変わらずしっかり控除されています。


という訳で、日本で同じ条件で働いた場合の手取りより
海外で働く場合の手取りは我が家は増えました。

3. 支出

(1)固定費

「1. 2017年の我が家の収入(額面)」で書いた通り
主人の会社は手当はたいして払ってくれない(泣)のですが、
日本よりも危険な発展途上国での生活を支えるため、
色々な環境を提供してくれています。

以下は私の主人の会社が、という訳ではなく
一般的な駐在員の手当として
会社が負担するケースが多いと思います。

■家賃
■電気代、ガス代、水道代、ネット代
■携帯電話代(ご主人、奥様)
■語学習得代(ご主人、奥様)
■子どもの幼稚園代、学校の費用
■日本への一時帰国の交通費
■医療費
■予防接種代

⇒なので日本にいる時より
固定費が断然かからなくなります!
日本にいる時なんて固定費の支出がほとんどじゃないですか。
家賃、電気水道ガス、スマホ、ネット代。
それだけで毎月すごいですよね。
それがかからないのです。大きいです。

(2)変動費

次に、食費などの変動費はどうかという点です。
私は日々家計簿をつけているのですが、
我が家は毎月の変動費は
日本にいる時に比べて少し低いです。
ただ、これは外食の回数やご夫婦のお小遣い、
子どもの習い事などで大きく変動します。
物価が安いと言われるホーチミンでも、
日本での生活費よりも簡単に上回ってしまいます。

また、海外生活が続くと
日本で生活していた時よりも
沢山かかるのが「特別出費」。
ここをいかに抑えるかがポイントです。

出費関連については詳しくはこちらからどうぞ
yuriponpon.hatenablog.com

4. 2017年の我が家の貯蓄金額

結論から言うと、フルタイム共働きの時と
ほぼ同額の金額を貯金出来ました。

もしこのホーチミン転勤が無かった場合
私は育休から復帰していたことになり、
そうなると時短勤務で私の収入は減り
当然保育園代もかかっていたはずなので
それを考えると"海外転勤でお金貯まった♪"
ように思えます。

しかし、私としては2017年の貯蓄金額は
「当たり前」、「むしろ低い」です。
昨年1年間だけ見るといいかもしれませんが
私が会社を辞めたことにより、
生涯賃金はがくっと下がったのですから。
何か手に職があればいいのですが
初めに書いた通り私はコネなし資格なしの
”ただの”総合職で働いていた人間に過ぎません。
(総合職の方の能力を否定しているわけではありません。)
日本に戻ったとして、
子連れで再就職…日本ではかなり厳しいです。


共働きが珍しくなくった昨今、
どちらかの転勤についていくかどうかは
家族にとって大きな人生の選択です。
これは帯同期間だけでなく、
その後の人生プランも含めて熟考する必要があると考えます。

我が家も現在進行形なので、
金銭面のみで考えた場合これでよかったのかは分かりません。
ですが、同じような状況の方に
この文章が少しでもお役に立てれば幸いです。


- - - - - - -

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

ホーチミンで雪気分!? 2区「Snow Town Saigon」

f:id:yuriponpon:20180108003954j:plain
先月になるのですが、2区にある
Snow Townに遊びに行ってきました~。
一言で言うと人口雪の施設です。

snowtownsaigon.com
■住所:Tòa nhà The CBD Premium Home, 125 Đồng Văn Cống, Thạnh Mỹ Lợi, Quận 2, Hồ Chí Minh
■TEL:1900588838
■営業時間:月~金が10am~10pm / 土日祝日が9am~9Ppm

f:id:yuriponpon:20180108004659j:plain
入口が分かりづらいのですが、
コープマートの入り口から入って

f:id:yuriponpon:20180108004935j:plain
すぐ右のエスカレーターを上ります。

チケットは身長90センチから必要で、
18万ドン(約900円)。
雪エリアに関しては、
月~金は10am~6pmと6pm~10pm
の昼夜ブロック、
土日祝日は9am~11am / 11am~1pm/ …
と2時間ごとで
完全入れ替え制になっています。
なので、事前準備も含めると開始時間の
15~30分前くらいに行くのがベストな感じです。

f:id:yuriponpon:20180108005531j:plain
中に入るとまず靴の履き替えから。
長靴を貸し出してくれます。
なので靴下必須です!!
雪で濡れるのでスニーカーで来た方は替えの靴下も。

f:id:yuriponpon:20180108005846j:plain
雪エリアの様子。
そりで降りられる坂があります。
スキーやスノボができるような大きさではありません。
小さな滑り台もあって、子ども達は楽しそうです。

f:id:yuriponpon:20180108010121j:plain
雪は残念ながらさらさらではなく、じゃりじゃり。
雪が積もって晴れた次の日、みたいな感触です。
雪国出身の主人は文句を言ってました^^;

f:id:yuriponpon:20180108010341j:plain
雪エリアの気温は16~18℃。
ホーチミンでは半袖1枚の方が多いと思いますので、
少し肌寒く感じるかもしれません。
雪エリア入ってすぐ左側でパーカの貸出もありました。


2時間入れ替え制なのですが
残念ながら2時間丸々雪エリアにいられるほどの
広さはありません。
雪エリアに飽きたな~と思ったら、
f:id:yuriponpon:20180108010502j:plain
キッズジムエリアや(雪なし常温)、

f:id:yuriponpon:20180108010623j:plain
飲食スペースで休憩もできます。
食事は簡単なファストフードがありました。
その他は飲み物のお店のみ。


ベトナム人は雪が珍しいのか
おおはしゃぎでそりで滑ったり、
写真を撮ったり
(私が行ったときはクリスマスシーズンで
ツリーの前で皆セルフィーしてました)
盛り上がっていましたが、
正直大人が本気で楽しむには物足りないかな~と。
その代わり子どもや家族連れは楽しめると思います!


- - - - - - -

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

2区のトランポリン場「Jump Arena」

f:id:yuriponpon:20180106234101j:plain
1年ほど前にオープンしたタオディエンの
トランポリン場に遊びに行ってきました。

Jump Arena Trampoline Park Vietnam – Ultimate Trampoline Experience
(英語サイトです)

住所:63 Xa Lo Ha Noi, Thao Dien Ward, District 2. Ho Chi Minh City
TEL:028 2253 1900
営業時間:9am~9pm

※2区のほかにもホーチミンには3区に店舗があるようです。
2区はタオディエン通りから徒歩数分。

f:id:yuriponpon:20180106234725j:plain
タオディエンの店舗は2階建てになっています。
1階がトランポリン場。
まずはチケットが必要なので、階段をのぼります。

f:id:yuriponpon:20180106234833j:plain
料金体系です。(2017年12月現在)
休日で、息子(1歳)と主人分だったので
30分で8万ドン×2人分。
子どもも大人も同じ料金でした。

f:id:yuriponpon:20180106235202j:plain
それから、滑り止め付きの靴下を購入。
これも大人子ども関係なく1足5万ドン。
洗えるので繰り返し使えます。
ちゃんと1歳くらいの子ども向けのサイズもありました。
画像が見切れていて申し訳ないのですが
比較のために下段左側に置いたのが13-16センチの息子の靴下。
ちゃんとしたサイズが用意されていてよかったです。
上の蛍光イエローのは主人用。

f:id:yuriponpon:20180106235412j:plain
中は30分で完全入れ替え制です。
恐らくリストバンドの色で管理されています。
次のセッションまで時間があったので、
2階のカフェでゆっくり~

f:id:yuriponpon:20180106235547j:plain
2階にはロッカーと、

f:id:yuriponpon:20180106235648j:plain
恐らく跳ばない人向けの
休憩スペースがあります。

f:id:yuriponpon:20180106235809j:plain
トランポリンエリアの様子。

f:id:yuriponpon:20180107000045j:plain
小さい子向けに、跳ねが少な目のトランポリンもあります。

f:id:yuriponpon:20180107000240j:plain
我が子はというとビビりのため、
まだトランポリンで一人では跳ばず…。
横の斜めになっているトランポリンで滑り台したり、
上記写真の左奥にある柔らかい
ブロックのようなもので遊んでいました。
いいのです、はしゃいで疲れてくれれば…。

休日は結構な人でごった返していましたが、
跳ぶ面がない!ということは全然ありませんでした。
ベトナム人もいれば2区という場所柄欧米人も、
日本人もいました。
30分跳び続けるってけっこう体力を消耗するし、
全身使うしで
思いっきりはしゃぐには最適かもしれません。


- - - - - - -

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

ベトナムで揃える♪ホームパーティー向け飾り&グッズいろいろ

f:id:yuriponpon:20171219020412j:plain

12月はパーティーシーズンですね。
ホーチミンでは相変わらず
半袖一枚で今日も暑いですが、
街はちゃんとクリスマスモードです。

そんな中私もお友達と数々のホームパーティーを
開催しました。
我が家で開催するクリスマスパーティは
あとは家族パーティだけになったので
このタイミングでの公開です。
ホーチミンでパーティーグッズを色々と
手に入れたので、
お店をご紹介したいと思います。


1.Party Inc.

f:id:yuriponpon:20171219010601j:plain
www.partyinc.co

住所:385 Trần Hưng Đạo, Cầu Kho, Hồ Chí Minh
営業時間:
 日・月が10:00~18:00
 それ以外は9:00~20:00
電話番号:02839208886

風船やペーパーポンポンなど、
おしゃれでかわいいお部屋の装飾グッズ、
紙皿やペーパーナプキン、ストローなどの
パーティー時の食事に必要なグッズなどが
一通りそろいます。
時間がないならこのお店だけでも見れば
十分揃う気もします。
数字の形をしたバルーンもあるので、
子どもの誕生日向けのお部屋デコにも
お勧めです♪

2.Uncle Bill's

f:id:yuriponpon:20171219011457j:plain
www.uncle-bills.vn

住所:26 Đường Thảo Điền, Thảo Điền, Quận 2, Hồ Chí Minh
営業時間:7:00~21:00
電話番号:02837442661

2区タオディエン通り、kokoisのすぐ近くにある
ビルおじさんの大きな看板が目印のお店。
駐在妻さんなら何度もこのお店の前を
通ったことがあると思います。

f:id:yuriponpon:20171219011004j:plain
パーティグッズというより、日用品雑貨の揃う
いわゆるなんでも屋さん。
クリスマス時期はツリーの飾りやリース、
窓用のジェムやクリスマス柄の紙皿などが
沢山置いてありました。

3.Ngàn Thông

f:id:yuriponpon:20171219012720j:plain
m.facebook.com

住所:64 Lê Lợi & 314 Võ Văn Kiệt, Quận 1, Hồ Chí Minh
営業時間:月~土10:00~19:30 (日曜日は定休日)
電話番号:02838258964

高島屋の入居しているサイゴンセンター
のすぐ向かいにあるローカルの文房具屋さん。
(今は地下鉄工事で、レロイ通りの中央が
さえぎられてしまっていますね。)
文房具屋さんなのでペンや紙類も
多く取り扱っていますが、
クリスマス時期はクリスマスの装飾用品
でいっぱいです。

ローカル店らしく、
店内は大変ごちゃごちゃしていますので、
ある程度facebookのサイトで予習していくと
スムーズに買い物を終えることができます。
買い物に必要な英語は通じます。

4.その他

(1)MegaMarket@2区
⇒クリスマスツリーが安くて種類が
いくつもあります。
コストコのようなお店で、
店内も広くて見やすいので
ゆっくり吟味できる点が良いです。

(2)Saigon Centre@1区
⇒クオリティも文句なしな綺麗な
ツリー用の飾りが
沢山ありますが、お値段もそれなり。

(3)クリスマス街@チョロン&タンディン教会付近@1区
⇒ローカル色の強いクリスマス街になります。
様々なクリスマスグッズが安く
手に入るようですが、品質もそれなり。

(4)UMA@各店舗
⇒元IKEAの方がベトナムで開いたインテリア屋さん。
IKEAと同じように、ショールーム形式で
家具やインテリアグッズを多数展示&販売。


上記のお店で色々と揃えた
今年のテーブルコーディネートです。
f:id:yuriponpon:20171219014118j:plain

■お皿…amai(知らない方、ググってください♪
沢山webに出てます)
■カトラリー留め…
 Uncle Bill'sで買った赤いペーパーナプキンで
 カトラリーを巻き、Ngàn Thôngで買った
 ツリー型のワッペンをマステで止めて簡単に作成。
■フォトプロップス…Party Inc.
■白いランチョンマット…UMA
■紙ストロー…Party Inc.

f:id:yuriponpon:20171219015129j:plain
これは4歳児ちゃんが来てくれたときの
セットです。
子ども用には、ホーチミンダイソー
(4万ドン、約200円均一)や
Uncle Bill'sで買った紙皿を用意。
ペーパーナプキンにNgàn Thôngで買った
雪だるまの形をしたワッペンを付けて
名前を書き、
食事の際、各々の席に置いて指定席に。

f:id:yuriponpon:20171219015524j:plain
壁にはParty Incで買ったペーパーポンポン
を設置。

f:id:yuriponpon:20171219015613j:plain
こちらはParty Incの星型の風船と、
ホーチミンダイソーで買ったガーランド


というわけで、ほとんどホーチミン
揃えました!
こんなにホームパーティを
開催したのも初めてで、
色々とああすればよかったな、
と思う点も沢山あるのですが
週末のクリスマスパーティに向けて&
クリスマス以外でも、
お役に立てれば幸いです。


- - - - - - -

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

ベトナムだからこそ沢山作れる♪バジルソース

f:id:yuriponpon:20171128014740j:plain

たまには料理の話を。
ハーブ類が安いベトナム
ホーチミンでは、日本人駐妻さん御用達の
高級スーパー「annam groumet market」でも
バジルが100gで
200円しないくらいで手に入ってしまいます♪

先日ちょっとだけバジルを使いたかったので
購入したのですが、大量に残ってしまいました。
それで試しにバジルソースにしてみたのですが、
これが意外に大活躍!

パスタはもちろんピザのソースに(ピザパンもいけそう)、
白身魚を焼いてかけたり、冷ややっこにかけたり、
それはもう万能選手なのです。
私が最近お気に入りなのはバジルご飯。
ご飯にバジルソースを混ぜて盛り付け、
スクランブルエッグや鶏肉を焼いたたんぱく質類と、
プチトマトやブロッコリーなどの野菜類を一緒に盛り付けると
簡単なワンプレートご飯の完成です♪

レシピはクックパッドなどに沢山載っているので、
是非さがしてみてください☆
私は松の実を入れた「ジェノベーゼソース」ではなく、
バジル、オリーブオイル、塩、にんにくでできる
「バジルソース」を作っています。

作り置きソースは重宝しますね~。
最近はトマトソースとバジルソースの2大選手が
我が家の冷蔵庫と冷凍庫にスタンバイされています。
日本だと少量で高いバジルですが、
こちらだと惜しげもなく使うことができます!
是非試してみてください~。


- - - - - - -

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

7区のキッズカフェ「Kid Republic」

f:id:yuriponpon:20171128012356j:plain
7区に今秋オープンしたらしい
キッズカフェにお邪魔してみました。

■Kid Repuclic
住所 : 35 Nguyen Luong Bang, District 7
営業時間:7:30~21:00
TEL : 090 822 99 59

f:id:yuriponpon:20171128012759j:plain
GreeenViewの1階にあり、
同じ並びにはCitiMartやMonHueがあります。
Nguyen Luong Bang通りという比較的大きな通りに面しているので
タクシーでのアクセスも簡単です。

このキッズカフェは1階と2階に分かれています。

f:id:yuriponpon:20171128013002j:plain
1階
おままごとやお店屋さんごっこなど。
遊びスペースとカフェスペースが若干離れているので、
1人でぐずらずごっこ遊びで遊べる年齢の子にお勧めです。

f:id:yuriponpon:20171128013207j:plain
2階
大きい遊具から電車の模型のおもちゃ、
ベビースペースがあります。
(ベビースペースは一応baby onlyと書かれているが、
子ども達は無視ですね~^^;)
遊ぶスペースとカフェスペースが近くにあるので、
小さい子から小学校低学年くらいまでの年齢の子が
オールマイティに対応可能なスペースです。

ここのキッズカフェの最大の特長は、
時間制ではなく一日制の料金体系であること。
1日何時間いても子どもの料金は15万ドン(約750円)/人。
10回綴りのバウチャーを購入すると10万ドン(約500円)/人です。
時間を気にせずゆっくり過ごすには最適です♪

料理&ドリンクのメニュー表です。
料理のバリエーション、味共に
まー普通のキッズカフェという感じです。
f:id:yuriponpon:20171128013842j:plain
f:id:yuriponpon:20171128013900j:plain


結構スタッフさんが沢山いてくだり、
2階建ての割には
おもちゃを所定の場所に戻したりお掃除したり
こまめに様子を見てくれる気はします。
お客さんは韓国人が多く、
次に西洋人の方が多いかもしれません。
ベトナム人は少なめ。

私は時間制ではなく一日制という
料金体系がすごく気に入っているので、
これからもちょこちょこ利用する予定です♪

以上、Kid Republicをご紹介しました。



- - - - - - -

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村