読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社員から駐在妻へ~ホーチミンで3人暮らし~

会社を辞めて息子と一緒に主人の海外転勤に帯同中です。

ホーチミンでTOEIC受験しました

いつかの再就職のため、TOEICを受験してみました。
受験当日も外国人は恐らく私一人でしたし、
事前申し込みなんて子連れで行きました^^;
目立ちまくったおかげで、とても親切にしてもらい何とか乗り切りました…。

1.事前申し込みについて

(1)開催している日程をHPで確認する。
  こちらで確認可能です。
http://www.iigvietnam.com/en/component/lichthi/lichthi.html?baithi=13&ngay=0&thang=0&nam=2016&diadiem=6

 
(2)事前申し込みのため、受験会場へ赴き申し込みをする。

 ■持ち物:パスポートと証明写真(4×3センチ)を3枚
 ■場所:IIG Vietnam
  8th floor,538 Cách Mang Thang 8, District 3, HCMC
  
 外観はこんな感じです。
 f:id:yuriponpon:20170424011823j:plain
 写真は正面の入り口なのですが、そのすぐ右に扉があり、
 そちらから入ってエレベーターで8階まで上がります。

(3)着いたらまず番号札を取って、番号が呼ばれるまで待ちます。

 日本の銀行のように番号が表示されるのでベトナム語が分からなくても心配いりません。
 f:id:yuriponpon:20170424012041j:plain
 
 私は午前10時前に着いたのですが、その前に15人以上は待っていました。  
 子連れで行ったのですが部屋も少し暑くて、子どもがぐずってしまいました。
 そのため、見かねた係の方が優先的に手続きしていただきました…。
 

(4)カウンターで申し込み用紙(受験票)に記載をし、指紋を取ります。
 ここで証明写真が必要になるのですが、
 私が持ってきた写真はサイズが合わないようで撮り直しになりました。

(5)という訳で、写真を撮りに行きます。
 同じビルの地下1階ですぐ撮ってもらえます。

 f:id:yuriponpon:20170424012557j:plain

 ドアノブのないドアを開けるとそこは写真スタジオになっていて、
 ファンキーな髪型をしたお兄さんが撮影、出力してくれます。
 そして加工も。笑
 私なんてTシャツ&抱っこ紐装着で撮影したのに就活みたいな白Yシャツにされ、
 美白やら口紅やら追加され、加工のお陰でベトナム人風になりました…
 f:id:yuriponpon:20170424013555j:plain
 料金は40000ドン/10枚だったと記憶しています。(曖昧ですみません)

 
(6)その加工されまくりの写真を持参し、再度IIGへ。
 手続きが終わると受験料のお支払いです。
 受験料は80万ドンでした。
 日本が税込み5,725円(2017/4/23時点で)なので、お得ではありますね。

2.受験当日の流れについて

 
(1)当日会場に着くと入口に名前と部屋番号が書かれたリストがあるので、確認する。
  私は日曜日に受験したのですが、140人ほどいたようです。
  全部を確認したわけではないですが外国人は私だけのようでした。
 
(2)パスポートと受験票以外の荷物を鍵付きロッカーに入れるか、
  (ロッカーの数に限りがあるので)事務局に預ける。
  
(3)名前を呼ばれた後指紋の照合と受験票の確認、金属探知機でのセキュリティチェックがあります。

(4)所定の席に着き受験開始です。
 テスト前の説明はベトナム語でしたが、英語が喋れる係の方が逐一サポートしてくださいました…。
 どこの欄に何を記入するか細かく指示してくださって助かりました。
  
 ちなみに、日本では2016年から新形式の問題になっているかと思いますが、
 まだ旧形式でした。

(5)試験終了後解答用紙を回収し解散になりますが、
 スコアシートを郵送してほしい人は住所を記入し、送付料20000ドンを支払って終わりです。
 ※これもベトナム語でしか書いてなかったので試験中にお世話になった係のお兄さんを呼びつけて
 丁寧に教えてもらいました…。笑




…というわけで、ベトナム人の方の親切さに助けてもらってばかりの申し込み&受験になりました。
子連れで、外国人で、きっと「なんで受験するんだろう」って思われただろうな。
日本での一時帰国の際の受験も含め、今後も継続して年に何回か受けたいと思います!


 - - - - - - -

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村




 

日系のクリニックで診察してもらいました

こちらへ来て早2か月が経とうとしているのですが、
私、息子ともにこちらでそれぞれ体調を崩しまして
クリニックにお世話になった話を書きたいと思います。

お世話になったのはレタントン通りにある、
ロータスクリニックです。

http://www.lotus-clinic.com/

日本人の医師に100%診察してもらえます。
予約必須なのですが、予約も日本語で大丈夫です。


息子はある日突然嘔吐しまして、
38度台の熱が数日間続きました。
一度は様子見で返されたのですが、
あまりにも熱が下がらないので後日また診察してもらい、
血液検査をしました。

そして、解熱剤としてもらったのがこのお薬。

f:id:yuriponpon:20170422012051j:plain


かなりのどろどろ具合で、いちごジャムみたいでした。
2回飲んだらすんなり治りました^^;



一方私はというと40~41度台の熱が3日続き、
さすがに死ぬと思って診察してもらいました。
半日点滴を打ってもらったところ、1~2日で回復しました。
血液検査もしてもらったのですがデング熱でもなく、
鼻水も出ないのでインフルエンザではないだろうとも言われ。
結局なんでこんなに高熱が数日続いたのか不明なままです…。
新しい環境での生活で疲れが溜まっていたのかな??


しかし、やはり日本人医師なので意思疎通がスムーズなのは
とても助かりました。




 - - - - - - -

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

「駐在員の妻」が海外生活を楽しむには

もう少ししたら駐在妻のお友達作りについて
私もブログを書きたいなと思っていたところ、
イムリーな記事が日経に出ていたので
こちらでも取り上げさせていただきたいと思います。

===========
■「駐在員の妻」が海外生活を楽しむには オリザベトナムCEO 中安昭人
(2017/4/6 日本経済新聞 電子版)


まさにベトナムでの駐在員妻のお友達作りについて書かれた記事で、
お子さんのいない奥さんはアオザイ会や趣味サークル、ベトナム語学校、
お子さんのいる奥さんは小学校の保護者同士のお付き合いでお友達の輪を増やしていった話、
その他としてベトナムでは急速に生活インフラが整備されている話が書かれていました。
===========


駐在員妻のお友達作り。
人間の価値観は25歳くらいで完成されてしまうのだそうで、
大人になってからのお友達づくりは結構ストレスなのです。

私もどちらかというとあまり友達は多いほうではありません。
特に「ママ友」。
子どもが生まれると日本だと地域の
「支援センター」「公民館の子ども向けイベント」
に何度か通い、同じ月齢や年齢の子どもを持つママたちと
連絡先を交換したり、一緒にお出かけしたり…となると思うのですが、
なんだかもうストレスにしかならなくて。

何人かは一緒にお茶したり、おうちにお邪魔するようなママ友ができましたが、
限られた人数でした。
ホーチミンに引っ越しが決まってからは尚更友達作りはしませんでした^^;
なので、日本で育休中は独身時代からの友人で産休育休中&専業主婦の方に
代わる代わる声を掛けて遊んでいました。



しかし、こちらに来て「友達」って大事だなとつくづく思います。
ホーチミンは日本人が住みやすい街になってきたとはいえ、ここは異国の地です。
いつも使っているお店が閉店&移転する、何かの開催時間が変更になる…
子持ちだと病院や予防接種、〇歳検診の情報…
細かいかつ主婦にとって大事な情報を教えてくれるのは、やはり日本人の奥様達です。


ホーチミンに来る前に、駐在妻のお付き合いの仕方についてネットで色々情報を見ていました。

・来る前にあなたの情報はすでに調べられていて、夫の会社、家族構成などは筒抜け。
・駐在妻のランク(?)付けは夫の会社の規模、奥さんの英語スキルなど。
・来るやいなや毎日ランチやお茶会に振り回される。

こんな情報が色々なところに書かれていて、それはもうびびっていました。


しかし、来てみたらそうではありませんでした。
日本人の出入りは頻繁なので、私のように日本人の多い地域に住んでいて
噂がはびこってるなんてことはまずありません…^^;
複数のところで働いているメイドさんだったり、同じ会社の人から軽~く風のうわさが流れるくらいはありますが、
日本と一緒のレベルだと思います。
噂好きの奥さんと付き合うことになったら確かに大変かもしれないけど、
それは日本でも同じですしね…。どこだって一緒です。

なんでもネットで調べすぎるのもよくないですね。
はじめは私もお友達がうまくできなくて、泣きそうになることがありました。
ですがこちらへ来て1か月半あまり、ちょっと肩の力を抜いたら、
少しずつお友達になってくれそうな人が出てきたような状況です。
一緒にランチしたり、おうちへ呼んだり。
そこで色々情報交換しています。

ですがお友達づくりを無理しすぎることもないと思います。
少し交友関係の輪を広げてみたいなと思った時に
いろんなコミュニティでいろんな方に声をかけてみればいいんじゃないかなと思います。


今私が心がけているのは

・ともかく無理しすぎない(いなくてもいいや、くらいの気持ちで!
悩みすぎて家で暗くなって、大事な家族まで暗い気持ちにさせてしまったら元も子もありません)
・複数のコミュニテイでお友達を作る
・お友達を作ってもいつかはどちらかが先に帰国してしまうため、常に人脈づくりのアンテナは張っておく
・特定の人に依存しすぎない(海外と日本どちらに住むに関わらず、大人になってからの友達作りで私が特に気をつけていることです)

などです。
これから初めて駐在妻になる方、まだこちらへ来て間もない方にとって
少しでも気が楽になったと感じてもらえれば幸いです。






 - - - - - - -

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

引っ越しのご挨拶の品

ホーチミンに引っ越してきたときの御挨拶の品について書きたいと思います。

我が家は会社の方用と、レジデンスのご近所様用に用意しました。


会社の方へは、相手の家族構成や嗜好などを事前に伺っておき、その方に合うものを。
※おそらく、歴代の方がどのようにされているか確認されるのが一番よろしいかと思います。


レジデンスの方へは日本と同じようにお隣さん1~2件と下の階の方にお渡ししました。
※うちの場合、レジデンスは日本人多めです。
なので日本のしきたりに合わせました。

品物は主人が日本の米どころの出身なので、無洗米にしました。
ネットで探して、少量で用意してくれるところ&熨斗を付けてくれるショップで注文しました。
予備としてキッチン用品や雑貨を扱っているケユカ(KEYUKA)で
日本らしい、高性能なスポンジやふきんを買いました。
ケユカも熨斗を無料で付けてくれるので助かりました。
f:id:yuriponpon:20170407012144j:plain


準備のポイントは、

■絶対船便に入れない(できるならば手荷物持参がベスト)
 ⇒引っ越しの挨拶は来てすぐ行うものなので。
  エレベーターや出入り口で偶然お会いする前にお渡しするくらいのスピード感が大事かなと思います。
 ※我が家は私と息子が引っ越す1か月前に主人がテト休暇で一時帰国したので、その時に持って行ってもらいました。

■割れないもの、つぶれても困らないものを選ぶ
 ⇒お菓子やおせんべいなども候補だったのですが、せっかく持って行った品物が割れていては印象が悪くなってしまうので念のため避けました。
  その他に候補として考えていたのは日本のお茶のティーパックなどです。


■多めに多めに持っていく
 ⇒もしかしたら挨拶しなければならない人が急に増える可能性もあるので(会社の人に誰か紹介してもらったりとか…)
  そうなってしまうと近所で買って間に合わせたらバレバレになってしまうので。
  余ったら自分で使ってもいいなと思えるものにしました。



最近日本でも引っ越しの際に挨拶しないケースも多いと思います。
ですが、挨拶される側としては、
やっぱり隣に引っ越してきた際には挨拶をしてもらったほうが気持ちがよかったなという思いがあり、
しかも初めての異国の地で頼りになるのは同じ日本人、同じレジデンスの方だなーと思い用意しました。

すると後日ちょっとしたタイミングで下の階の奥様とお話する機会があり、
「〇〇の銘柄のお米、▲▲県のお米ですよね?
 実はうちの主人も▲▲県出身なんですよ~。」
とお話ししてくださり、やっぱり渡してよかったなーと思いました。


大人になって、ちょっとしたプレゼントってコミュニケーションの潤滑油だなと思います。
仕事で疲れているときにちょっとお菓子を渡して頂いたり、何かモノをお借りしたりいただいたりしたお返しにちょっと付けたりで印象も全然違うものですね。
一番最初のご挨拶は特にしっかりしておきたいな、と思う次第です。



 - - - - - - -

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

在留届を出しました

ホーチミンへ来て1か月。
すっかり忘れていましたが在留届を出しました。


在留届とは…
=================
(以下、外務省ORRホームページより一部抜粋)
外国に住所または居所を定めて3か月以上滞在する人は、
旅券法第16条により、その地域を管轄する日本大使館または総領事館
速やかに在留届を提出することが義務付けられています。
(途中省略)
近年、海外で生活する日本人が急増し、このため海外で事件・事故や
思わぬ災害に巻き込まれるケースも増加しています。
万一、皆様がこのような事態に遭った場合には、
日本国大使館や総領事館は在留届をもとに
皆様の所在地や緊急連絡先を確認して援護活動を行います。
(引用ここまで)
=================


よく外国でテロや災害があったときにニュースで
「現地に住んでいる日本人〇人の全員の無事が確認されています。」
のような情報が流れることがあると思うのですが、
在留届を出していないとそもそも現地に住んでいるともみなされないし、
日本政府が救護をしようともしてくれないということですね。
それは大変ですね!
比較的治安が落ち着いていると言われるホーチミンでも
いつ何時何が起こるか分かりません。


というわけで、在留届を提出しました。
といっても、ネットで簡単に出すことができます。
ORRnet - インターネットによる在留届電子届出システム

届け出は家族分まとめて一気に出すことが可能です。
記入する項目は

●日本国旅券(パスポート)番号(同居家族分も含む)
●本籍地
●自宅等連絡先(住所・郵便番号、電話・携帯・FAX番号、メールアドレス)
●緊急連絡先(住所、電話・FAX番号・メールアドレス)
●日本国内連絡先(住所、電話番号)
●同居家族連絡先(携帯番号、メールアドレス)

などです。別に免許証のコピーを添付というような面倒なこともないですし、
ただただ情報を入れていくだけです。


情報に変更があったり、帰国した時のために再度ログインしなくてはならないので、
パスワードを設定するようになっています。
そうか。帰国したら忘れずに届け出しないと…


ということで、とても簡単でしたのでお忘れの方ぜひご登録を…


 - - - - - - -

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

日本から持ってきたほうが良いものあれこれ

※思いつき次第随時更新する予定です!


日本から持ってきたほうが良いな、と思うものを挙げていきたいと思います。
これから赴任される方の準備の参考になれば幸いです。


<ボディケア用品>
■シャンプー、リンス
⇒こちらのは保湿剤が多いらしく、べたつくそうです。

■ボディソープ
⇒例えばダブ(Dove)って日本でもメジャーだと思うのですが、
 こちらでも同じくDove製品は売られてはいます。
 しかし、中身が違うのです!
 どう違うかって、香料がすごい!においがきつくて辛いです。
 人によるのかもしれませんが、私はNGです…

■歯ブラシ
⇒こちらの歯ブラシはブラシ部分が大きくて口を開けるのが大変です!

■ボディクリーム
⇒こちらも香料が強い。

<食品>
■日本の調味料、材料など
⇒一般論として挙げてみましたが、
 これはもうちょっと研究してみたいと思います。

■コーヒーの粉用のペーパーフィルター
⇒なぜかあまりお店で見当たらないし、見つかったとしても高い。

■ノンカフェインのコーヒー
⇒妊娠中や授乳中の方は飲まれている方もいるかと思いますが、
 今のところこちらでこれに出会ったことがありません。
 一方、ハーブティーはよく見かけます。
 (種類などによっては手に入りにくいものもあるかもしれません)


<子ども用品>
■1歳以降の離乳食(ベビーフード)
⇒日本の離乳食も7か月~用や9か月~用は見かけますが、
 1歳~用は見かけません。
 私は日本ではベビーフードはあまり使わず、外出時もお弁当派だったのですが
 こちらでは気温が気になるので
 日本から持参したベビーフードがものすごい勢いで無くなっていきます!


無添加の洗剤、柔軟剤、石鹸などなど
⇒私はベトナム語の文字が読めないので、お店に行ったとして
 何をもって無添加と判断できるのかが分かりません…。
 そもそも無添加洗剤や柔軟剤がこちらにあるのかどうかもわかりません。すみません。
 文字が読める方やベビー用品コーナーで選ぶ方は問題ないと思います。
 (ベビー用の洗剤や柔軟剤になると値段が高くなるので、我が家は買いません…)


<電化製品>
■パン焼き機
⇒今回のホーチミン移住のために購入したのですが、我が家は買って正解でした!
 こちらでもおいしいパン屋さんはずいぶん増えたようなのですが、
 かといってどこでもおいしいという訳ではないです。
 例えば、日本人がよく利用する某日系のコンビニエンスストアで、
 何気なくパンを買って開けたらアルコール臭がすごくて
 私は一口も食べずに捨ててしまいました。
 日本ではすごくおいしいという訳ではなくとも
 「食べられないパン」を売っているのを見たことがないので、
 これは私にとっては衝撃でした^^;
おうちの近くにいつでも購入できるパン屋さんがないという状況なのでしたら
 持ってくることをお勧めします。


思いついたら追加します^^


 - - - - - - -

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

ビニール袋ってこんな形で売ってるの?!

f:id:yuriponpon:20170324232127j:plain

何の変哲もないビニール袋です。
お肉などの下味をつけるのに使いたいと思い、購入しました。

日本だとこんな形状で売られているじゃないですか。
(画像はお借りしました)
f:id:yuriponpon:20170324232254j:plain

しかも、こっちのビニール袋はトイレットペーパーみたいに点線が入っていて、切り取って使います。


慣れないうちはこういう小さなことで手間取りますよね^^;
ないない!ってお店の中を探して、
何度も探した棚に実はあった、みたいな。
日々勉強です。。

 - - - - - - -

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村