会社員から駐在妻へ~ホーチミンで4人暮らし~

会社を辞めて2人の子どもと一緒に主人の海外転勤に帯同中です。

元会社員、ホーチミン駐在妻になって2年。状況と心境の変化。

f:id:yuriponpon:20190223001655j:plain
とっても久しぶりです。
「最近ブログ更新しないの?」
って言われたり、
数日前に
「yuriponponさんってブログやってる方ですよね?」
って言われて
(ああそういえば昔やってたかも…)
くらいの”自分の中でもはや過去の出来事”
の状態になったり、
ここ数か月はてなブログ
ログインさえしていなかったのですが。

久しぶりにアクセス解析を見たら
予想以上に毎日多くの方にアクセスいただいているようで…
ありがたい気持ちもあり、
ここ最近書きたかったことがあって
更新する気持ちが起きました…


そもそもなぜ更新できないかって
2人育児、超忙しい!!!!
いつもブログを更新するのは
夜、子どもを寝かしつけてからなのですが
赤ちゃんって夜中も授乳あるので
2~3時間に1回起きます。
もーブログの更新どころじゃないです。
今娘が9か月になって
少し夜間のお世話が楽になって
こうしてパソコンを開く時間が取れてますが、
実は今横で夜な夜な離乳食煮ながら書いてます。
うっかりすると焦げるのでさっさと書きます。

で本題。
何が変化したかっていうと
主人の今後のキャリアパス
具体的に言うと
「スライド」の可能性が
ほんのちょっとだけ出てきたということです。
(※スライドとは、海外駐在員が
日本以外の他の国に勤務地転換すること。)
今まではスライドの可能性が全くのゼロで、
数年後は必ず日本に帰国するという想定のもと
私の中の今後の人生プラン(←やたら壮大すぎるな)
を描いていました。
ところが数年後ホーチミンから
他の国に転勤になる可能性も
数パーセントあるとかないとか…
という状況になり
私の脳内で線表引き直しになってしまいました。
というか線表を引けなくなった。

今までは「〇年後くらいに日本に戻るから、
その後また仕事したいし
それまでにこんな勉強をして、
こんな資格を取って。
その時は上の子は〇歳、下の子は〇歳。
保育園探しはどうするか…」
などぼんやりと考えていました。
日本に戻るのかどうかも分からないとなると
もう考えてもしょうがない。
ちなみにもう今回
ホーチミンに帯同してきてる以上、
次の国は単身赴任してもらうっていう
選択肢はあんまりない。

もちろん今から仕事に役に立つ
勉強をするのは良いことだと思うのですが、
育児に家事に日々てんやわんやの状況で
ほとんどまとまった時間もとれないのに
ぐだぐだ勉強しても役に立つのか?
ぶっちゃけ下の子が幼稚園にでも入ってから
猛勉強すればよくない?
とか考えるともう全然やる気が起きない。

勉強しなきゃいけないのに
やる気が起きなくて自分を責めるより、
勉強しなきゃいけないっていう決まり事を
自分の中で取っ払ってしまった方が
楽じゃないか?と思い、
今は駐在生活や子育てを
思いっきり楽しむことに重きを置く生活に
シフトしています。
幼子を抱えて猛勉強する人もいると思うのですが
私は”バリキャリ”ではなく”ゆるキャリ”人間。
まぁ~いっか~~~とゆるーい気持ちで
ここ最近の日々を過ごしています。

2年半前、会社辞めてホーチミン行くかどうか
悩んでいた自分に言いたい。
すんごい悩んでも今後いろんな状況が
変化していくから、
あんまりそんなに難しく考えなくてもいーよ、と。

今日のブログのタイトルに敢えて
「元会社員」と付けてますが、
この文章を読んでいただいている方の中で
昔の私のように会社辞めるかご主人に帯同するか
迷っている方がいたら
こんな風に状況が変化する可能性もあるよということで
お役に立てれば幸いです。。
(余計悩ませちゃったかな)


- - - - - - -

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

ホーチミン在住超初期の奥様向け★商品パッケージの見分け方あれこれ

f:id:yuriponpon:20181017231822j:plain

私がホーチミン移住したての頃、
パッケージに書かれているベトナム語
全然分からず、
商品の違いが分からなかったものあれこれです。
よく買い間違えていたので、
これからホーチミンに移住する方、
移住したての方にお役に立てればと思い
載せてみました。

---------------
【1.お砂糖の入っていない商品はどれ!?】
f:id:yuriponpon:20181017232034j:plain
牛乳、ヨーグルト、緑茶、
基本的になんでもお砂糖が入っています。
お砂糖が入っていないのは
「không đường」です。
写真の牛乳パックだと
右側の、水色のほうです。
手前の牛乳パックに「NON SUGAR」と
書いてあるのが見えますでしょうか。

ちなみに「có đường」は
お砂糖入り、という意味です。

【2.おむつ、テープとパンツどっち!?】
f:id:yuriponpon:20181017232621j:plain
「Tã Quần」がパンツタイプ。

f:id:yuriponpon:20181017232714j:plain
「Tã Dán」がテープタイプです。

動き回る1歳の息子に、
うっかりテープタイプの
おむつを買ってしまい
大変だったことがあります。。。

ま、絵をよく見れば分かるのですが。

【3.小麦粉の種類】
f:id:yuriponpon:20181017233104j:plain
私がいつも買っている小麦粉。
画像左側から薄力粉、強力粉、中力粉です。
パッケージの下の方に「Cake」「Bread」「Pasta」
と書いてあり、絵もかいてあるので
そんなに難しくないです!


最近友人に説明したので、
ついでにブログにも載せてみました。
お役に立てれば幸いです。

- - - - - - -

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

ブログタイトル変更しました

f:id:yuriponpon:20180919011900j:plain
この度娘が誕生し、ホーチミンに家族で戻りました。
4人家族になったので、タイトルを変更しました。

ブログを始めたきっかけは
会社員を辞めて主人のホーチミン赴任に
帯同するのが嫌だったこと。
今は、家族一緒に過ごす過ごす選択をして
良かったと思っています。
今は、ですが。
もしかしたらこの先変わるかもしれません。
そうならないように都度いろんなことを
ちょっとずつ軌道修正するのが
妻であり、母である私の
家庭での役割だと思っています。

ちょっと前にホーチミンの自宅に戻り、
ばたばたと片付けをしているところです。
これからどんな毎日を送るか
どんなことを目標にして過ごすか、
改めて考えなおそうと思っています。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。


- - - - - - -

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

子供2人を連れて初めてのフライト


日本で出産してホーチミンへ戻るために、
2歳半の息子と3ヶ月の娘を連れて
初めて飛行機に乗りました。
その時の様子を書きたいと思います。




■乗った飛行機
成田発ホーチミン行きのJAL759便。
18時前に離陸しホーチミン時間の22時ごろに
到着する便です。
フライト時間は約6時間。

■人数
主人、私、息子、娘の4人。
ホーチミンへ戻る前に、
主人に日本に一時帰国してもらいました。

■荷物
預けられるのは主人、私、息子は23キロ以下の荷物×2個まで
膝抱きの娘は1個までで、全部で7つまで。
私達はスーツケース2つ、段ボール4箱で
合計6つになりました。
段ボールは事前に成田空港へ宅配便で送付。

当日空港まで移動する時の荷物は、
【主人】
スーツケース2つ
主人の貴重品バッグ(斜めがけ)
【私】
私の貴重品リュック
抱っこ紐に入った娘(荷物扱いごめんね…)
右手におむつなど子供のお出かけセットが入ったボストンバッグ
左手で息子と手を繋ぐ

でした。ベビーカーはありません。

■空港までの移動
在来線→スカイライナー。
余裕を持ってかなり前に空港に
到着したかったので、
お昼頃スカイライナーに乗る。
息子のお昼寝の時間帯と被り、スカイライナーで寝始める。
すやすや眠りに落ちた頃空港へ到着、ぐずる。
私が娘と息子を一緒に抱っこする羽目に

■空港での過ごし方

JALのキッズお出かけサポートカウンター
(スマイルサポート)に
とってもお世話になりました。

ソファ&子供の机、椅子、絵本があります。

生後2ヶ月から使えるベビーカーも置いてあります。
搭乗口まで使わせて貰えます。
JALが関係ない
成田空港のカウンターでもA型ベビーカーを
借りることが出来ますが
申請書を書かなくていいのでJALで借りた方が楽。

授乳室はお出かけサポートカウンターの
割と近くにあります。
この写真はお出かけサポートカウンターから
撮った写真です。
分かりづらいですが、この写真の左のほうにある
銀色の柱の奥です。


カウンターで優先的に搭乗手続きさせてもらい、
手続き後もソファや椅子でゆっくり
させてもらいました。

4階に子供が遊ぶスペースがあり、
そこでも遊んで過ごしました。

■飛行機の中
結局お昼寝が上手く出来なかった息子。
飛行機に乗ってすぐ私の腕をつかみ出し、
うとうとしていたところ娘が目を覚ましぐずり出す。
私が娘をあやすと息子もぐずり出す。
で、離陸前に大合唱になってしまいました。
するとCAさんがすかさずおもちゃを持ってきてくれ、
息子は泣き止みました。助かりましたー。
ただ、その後は息子は眠くてしょうがなかったので
ぐずり対策で持って行った本やおもちゃは
あまり役に立ちませんでした…

それから、夕飯は機内食でと思っていましたが
離陸が18時前で、シートベルトサインが消えてから
飲み物が出た後に食事の配膳が始まるので
息子は待ちくたびれてしまったようです。
ここは対策漏れでした。
持ってきたおやつと、飲み物と一緒に出された
おかきでなんとか繋ぎました。

娘にはバシネットを予約。
寝返りする前だったので活躍はしましたが、
息子をあやして落ち着いてから
娘をバシネットに置いたため、
置いてすぐ着陸態勢に入ってしまいました。
勿体無かったなぁ。

ホーチミン国際空港へ到着〜タクシーまで
着いた頃は日本時間の0時くらいなので
子供たちは当然眠い時間。
またまた私、娘と息子を一緒に抱っこしながら
税関、荷物受取、X線検査をする羽目に。
眠い時ってパパじゃなくてママに行きたく
なってしまうようですね。
泣きじゃくる息子、色んな人から
哀れみの目で見られました。

空港のカート2つにピックアップした荷物6つを入れ、
主人はカート1つと私の貴重品リュック、
私はカート1つを押しながら息子抱っこ、
抱っこ紐の中には娘…
タクシーに乗るまでの道のりが一番大変でした。

こんな感じでなんとかホーチミンの自宅へ到着。
着いたのはホーチミン時間の0時半でした。
ほぼ一日中移動だったので子供たちは
とても辛かったと思います。

私もお陰でしばらく筋肉痛になってしまいました。
無理くり乗り切った、そんな移動でした。
次回の一時帰国が恐怖でなりません。
小さいお子さん連れで国際線に乗る皆様、
お互い頑張りましょう…。



- - - - - - -

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

ホーチミンでお食い初め

f:id:yuriponpon:20180918233128j:plain
日本にいるときにとっくに
100日は過ぎていたのですが、
どうしても家族4人でお祝いしたくて
ちょっと遅れたけど、
ホーチミンで娘のお食い初めをしました。

お食い初めとは、
子供が食べることに一生困らないことを願って
赤ちゃんに食べさせる真似をする儀式。

メニューは一汁三菜が基本で、
尾頭付きの鯛、汁物、煮物、香の物、赤飯。
それから歯が丈夫に生えることを願って
歯固めの小石と、
しわしわになるまで長生きするように
梅干しを添えることもあるそう。

それで、こんな感じの食卓になりました。
f:id:yuriponpon:20180918234400j:plain
訳あって
お赤飯がぺたんぺたんな感じですが、
その他は以外とちゃんと出来た気がするのですが
どうでしょうか?!
そう感じているのは私だけでしょうか。

さて。
一番問題だったのは尾頭付きの鯛です。
市場に行けば売っているのでしょうが、
私には市場で鯛を丸ごと買う勇気はなく。

2区アンフーにある、メガマーケットで購入しました。
鯛は生簀で元気に泳いでいて…
f:id:yuriponpon:20180918233842j:plain
鮮魚担当の方に指さしで、これこれ!と依頼。
網ですくってもらって、目の前で淡々と処理されていきました。
内臓も取られ、うろこを取られ、
しっぽやひれもそぎ落とされ
(途端に見た目がベトナムっぽい鯛になる)
そして「カットする?」と聞かれたので
「ノー」と答えました。
1匹200円ちょっと。
息子のお食い初めの時は
デパートで焼いてもらって5000円だったんだけどなぁ。

家に持ち帰って、
うろこを再度綺麗に洗い流し、
内臓をとったお腹の中を洗い流し、
塩を振ってオーブンで焼きました。

f:id:yuriponpon:20180918235443j:plain
鯛の上にある飾りは、
日本の100均で買ったご祝儀袋のもの。

鯛は生臭かったらどうしようとか、
味を正直全然期待していなかったのですが
ふっくらと焼けてとても美味しかったです。
余りの美味しさに感激して、
お食い初め以外でもまた機会があったら
買いに行きたい!と思えるほどでした。

汁物は蛤のお吸い物。
ベトナムでは蛤はメジャーな食べ物。
蛤のレモングラス蒸しも美味しいですね。
こちらもメガマーケットで購入。
5個で90円しないくらい。
砂抜き、塩抜きをして
昆布でだしを取った汁物に、
花麩を添えました。
昆布、花麩は日本から調達。

煮物はれんこん、鶏もも肉、人参、
さやいんげんが良かったけど代わりにいんげん。
れんこんはスライスされてパック詰めになって
メガマーケットや、
レタントンのファミリーマートなど
割とメジャーな場所で
買うことができます。

香の物は人参と大根のなます。
どちらも現在はベトナムでは
簡単に購入できます。

赤飯は材料の調達が大変だと思い、
日本で予めレトルトパックを調達…笑
お皿の上でぺたんぺたんなのはそのせいです。
f:id:yuriponpon:20180918235231j:plain

その他、
かまぼこはレタントンのAKURUHI SHOPで調達、
(1本250円。紅白2色買ったので500円。鯛より高い)
梅干しもAKURUHI SHOP、
歯固めの石は日本でお宮参りをした神社で拝借。

こんな感じで無事にお食い初め終わりました。
ホーチミンお食い初めをする方が
どれくらいいるのか分からないのですが、
なにかのご参考になれば幸いです。

- - - - - - -

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

新生児のパスポート申請

f:id:yuriponpon:20180626205710j:plain

日本に一時帰国し出産したのですが
さっそくホーチミンに帰る準備も
しなければなりません。

早速新生児のパスポート申請
(だじゃれじゃないよ)をしてきました。

申請に必要な
・申請用紙
・戸籍抄本
・写真

をパスポートセンターに持参。
申請後1週間で受け取れます。
受け取りは本人が行く必要があるので、
赤ちゃんを連れていかなくてはなりません。

もちろん一番大変なのは赤ちゃんの写真撮影…
首のすわらない赤ちゃんは白い背景に
寝かせて撮ればいいことになっているので、
そうしました。
私はスマホで撮影し、スマホのアプリで撮影。
セブンイレブンの写真プリントで印刷し、
申請しました。

アプリは↓を使いました。
ステマでもなんでもないので、
リンクは貼りません。
f:id:yuriponpon:20180626152926p:plain

アプリから写真を撮るか、
アルバムから選んで
顔のサイズをガイド線に合わせて拡大or縮小。
パスポート申請用のサイズに出力し完了です。

実際に申請に使った写真がこちらです。

身体が思いっきり曲がってるけど、
顔が正面を向いてさえいればいいようです。
そう、一番大変だったのが
赤ちゃんが正面を向いてくれなかったこと。
白いベビー枕があったのですが、
凸凹が影になってしまうので使わず
ともかく頭の位置を直して正面を向かせて、
その瞬間に連写でばばばーっと撮りました。
ちなみにこの写真は
洋服と背景の色味が近いようで、
本当はもう少し濃い色の洋服がベターのようです。

念の為何枚か写真を持っていき、
この写真を選んで貰いました。
ふー疲れた。けど、
まずはパスポートがないと始まらないので
無事申請が終わって良かったです。

- - - - - - -

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

ホーチミンでの妊婦生活~色々編~

f:id:yuriponpon:20180331213339j:plain

妊娠が判明してからのあれこれです。

- - - - -

- - - - -

1.日本から手配したもの

・マタニティ&授乳対応ワンピ
・トコちゃんベルト
・干し梅
・ノンカフェイン飲料

マタニティウェアって、数か月しか着ないのに
買うの勿体無いですよね。
ですが幸運にもホーチミンは年中同じ季節。
なので、マタニティと授乳対応の服を選べば
1年以上はがっつり着られます!
ホーチミンにもマタニティウェアショップはありますが、
デザインが日本人向きではないので日本から手配。
あとは1人目を妊娠した時に買った
マタニティ用パンツ(長ズボン)を
引っ越しの船便に入れておいたので、それも活用しました。

トコちゃんベルトは1人目の妊娠の時に大活躍したので
今回も日本から取り寄せました。
1人目をホーチミンで妊娠する方は
どういったマタニティグッズが自分に必要か、
分からないままお腹が膨らんでいくと思うので
きっと大変なんだろうな、と思います。
ネットで「便利!」と書いてあっても
必要かどうかは人によって全然違いますよね…。

干し梅はつわり対策に大活躍。
私が見た感じ日本食ショップには
普通の梅干しは売っていても、
お菓子感覚でぱくっと食べられる干し梅は
売っていなかったのでこれも日本から手配。
体調が悪いときに気軽に食べられるのは良かったです。

ノンカフェイン飲料(カフェインレスコーヒー、紅茶)
ハーブティーならホーチミンにも売ってますが、
それ以外は見つけられなかったのでこれも日本から。
イオンとかにならあるのかもしれませんが、
辛い妊娠中に郊外のイオンまで1人目を連れて行くのは
私には無理でした…。

2.シッターさんの手配

上の子を預けるためのシッターさん。
私の周りには妊娠しても雇わないお友達も
もちろん何人もいましたが、
我が家の場合は主人が激務で土日含めて
不在の日も多かったので、
妊娠が分かってから慌てて手配しました。

ベビーカーが使いづらいホーチミン
お腹が大きい状態で抱っこ紐が使えない状態で
1歳児を連れての買い物は至難の業だったので
シッターさんが来ている間に買い物に行ったり、
検診に行ったり
(上の子を産婦人科に連れて行こうものなら号泣するので…)
しました。
元気な時は英会話に行ったりもしましたが。

シッターさんについての記事はこちらからどうぞ
yuriponpon.hatenablog.com

3.買い物、どこに行く?

ホーチミンに住んでいるならデリバリーに頼ればいいじゃん」
という声が聞こえてきそうですが、
日本人に熱烈な支持を得ていた
(と勝手に思っている)「Box 4P's」のデリバリーが、
2017年の12月頃から自社製品のみの取り扱いになってしまいました。
それまでは野菜やキノコ、お米や牛乳なども扱っていたので
とても便利だったのですが。

他の野菜デリバリーも存在するので探したのですが、
常に品薄、時間指定ができない、英語サイトの造りが悪いなど
日常使いに堪えうる状況だったので諦めました。
そのため普通のスーパーに行って買い物していました。

お肉やお米、日本の調味料などを扱っている
デリバリーは沢山あるのでネットで調べると
沢山出てくると思います。

4.母子手帳

Consulate-General of Japan in Ho Chi Minh City
ホーチミン領事館で配布します、
と書いてありますがメールで問い合わせたところ
「在庫がなくなりました」との回答。

ホーチミンにいる間は母子手帳
無くても全く問題ないので
日本に帰ってから入手すればいいだけなのですが、
やっぱり持っていたほうが「妊娠してる感」が上がりますよね。
なので願わくば早く欲しかったというのが本音です^^;

以上です。

- - - - - - -

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村