会社員から駐在妻へ~ホーチミンで3人暮らし~

会社を辞めて息子と一緒に主人の海外転勤に帯同中です。

船便荷物の下見

2月の私たち家族のホーチミン引っ越しにあたり、
日通に船便の荷物を下見してもらいました。

下見の目的は荷物の全体量の確認とのこと。
1つ1つを見るのではなく、荷物を運ぶトラックや
集荷当日のスタッフの人数アサインなどの参考にするためだそうです。
併せて持ち込み制限のある品目なども確認がありました。


=====================
下記は2016年12月16日時点でのベトナムへの持ち込み制限のある品です。

■暴力的な表現の含まれる書籍、記録媒体
■反体制的文化芸術作品、人格形成に害を及ぼす書籍、玩具類
■カラーコピー機、カラーレーザープリンター、Fax、オフセットプリンター
(家庭用のインクジェットプリンタは課税にて輸入可能)
■骨董品

下記は数量制限のあるもの

■携帯電話:出入国カード1枚につき1台まで
■タバコ:200本まで、葉巻(100本まで)
■アルコール:下記a~cのいずれか
 a.22度以上…1.5リットルまで
 b.22度未満…2.0リットルまで
 c.ビール …3.0リットルまで
■お茶:5キロまで、コーヒーは3.0キロまで
■お米…1便に20~30キロ程度
■医薬品…救急箱程度
■化粧品…個人が消費する量(Sカートン1箱まで、かつ1品目2個まで)
 ※シャンプー、洗顔料、シェービングクリームなども化粧品に含まれる。
■おむつ…個人が消費する量

=====================


気になっていたのは化粧品なのですが、
「2個」までとあるのですが
どんなに大きなパックでも1個なら1個としてカウントされるそうです。
なので業務用でもなんでもOKなのだとか…。
そんな私も諸々、コストコで業務用を用意しておきました。


けど、きっとせっかく買ったのに持っていけないモノが
出てきそうな気がします…^^;
一時帰国の際に、せっせと持っていきますかね。。

 - - - - - - -

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村