会社員から駐在妻へ~ホーチミンで3人暮らし~

会社を辞めて息子と一緒に主人の海外転勤に帯同中です。

海外生活中の貴重品の保管について

現地で使わない貴重品(通帳、銀行印など)をどうするかについてです。

海外移住にあたって貴重品を管理する方法としては
ネットで調べると、ざっくり3つくらいあり…

①現地に持っていく
②日本で信頼できる家族に預ける
③日本で貸金庫に預ける

①は住む予定のアパートメントに清掃の方が毎日出入りするので、
いくら部屋に金庫があっても抵抗がありました。

②でも問題ないご家庭はいいと思うのですが、
うちは両親に預けるのにはちょっと不安な点があり、

結局③にしました。

近所にみずほ銀行があり、貸金庫サービスをしていたので
申し込んできました。
みずほ銀行の通帳と届印と、身分証明書を持っていき窓口で手続きしました。
貸金庫のロック解除には3ステップ必要で、
カード⇒暗証番号⇒鍵 の順番だそうです。
申し込んだその場で鍵はもらえたのですが、カードは発行まで1週間くらいかかりました。


ちなみに主人を代理人に設定(もう1つ鍵を発行してもらう)しようとしたのですが、
主人はもう日本に住所がないため書類の数が半端ない&審査に時間がかかるらしく、
銀行の窓口の方にも「大きな声では言えないですが、ご家族で鍵を共有されている方が多いです」
と言われたのでそうすることにしました。


利用料金は一番小さいサイズの金庫で年間2万3千円くらいです。
口座引き落としになるそうです。
まぁ、お金がかかるのは痛いですが必要経費ですね…。


あとは、最近は銀行口座も通帳レスにできる所も多いので、
私は可能な銀行は極力通帳レスにしました。
合わせてインターネットバンキングにも登録しました。


地味にいろいろ準備があるなぁ…。


 - - - - - - -

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村