会社員から駐在妻へ~ホーチミンで3人暮らし~

会社を辞めて息子と一緒に主人の海外転勤に帯同中です。

シッターさんを雇いました

f:id:yuriponpon:20171010234551j:plain

我が家でシッターさんが必要になり、
こちらへ来て初めて雇ってみました。

(1)シフト

午前中3時間を週に2回

(2)料金体系

時間制で、月末にまとめて現金でお支払いします。
テトや一時帰国の期間中は
基本シフトのお金はお支払いして、
自分の時間帯ををキープしてもらう感じです。

(3)シッターさんの探し方

どうやらネットで探す方法もあるようなのですが、
一番メジャーな「人に紹介してもらう」方法にしました。
まずは同じレジデンスの方にお聞きしました。
レジデンスの勝手も分かっているし、
周囲の評判も分かるので。
それから同じ区、隣の区のママ友さんに聞いて…

人気のシッターさんはシフトがぱんぱんで
時間帯的な融通が利かなかったりするのですが、

私はたまたま
・私のレジデンスで長期経験があり、
・時間の融通が利きやすく、
・周囲の評判や知名度も高く、
・とある条件のため盗みなどの不正行為を絶対働くことができない
 (例えばシッターさんの親戚が私のレジデンスのオーナー、等)

というかなり好条件な方を見つけられたので、
その方にお願いすることにしました。

(4)言語&コミュニケーション

日本語。
私が雇っている方は
簡単なコミュニケーションは問題ないのですが、
急なシフト変更などになると結構厳しいです。
なので、重要なことは紙に書いて渡しています。

(4)業務内容

9割方子どもの面倒を見てもらっています。
その他アイロンがけなど。
私はあまり自分のキッチンを
他人に触られたくないタイプなので
今のところお願いする気はないのですが、
シッターさんによっては和食を作れる方もいらっしゃるようですね。

日本だと同じ日に同じ人が
「シッター業務」と「家事業務」をすることができないなど
融通の利きづらい決まりがあるようなのですが、
こちらではそんなことはなく。
初めの2時間シッター、
そのあと1時間は「私と息子は外出するからあとアイロンがけよろしく!!」
みたいなこともできるので助かっています。

(5)雇ってみて

・日本人向けのシッター業務が長い方なので、
基本的なスキル&配慮はしっかりしています。

絵本を読む(誤字脱字は多いけどまーいっか)
日本語の童謡を歌って聞かせる、
衛生面ではおむつを替えたら自分の手を洗う、
こまめによだれを拭く、
など。

・ですが今日、私が外出から戻ると
「おやつあげといた。バナナとおせんべいとチーズケーキ」
 と言われました…

…おっとー!チーズケーキは大人用だよ!!
チーズケーキというかチーズ蒸しパンみたいなものだったので
激甘ケーキではなかったのですが、
大人のおやつはまだあげてなかったので「だめだめ!」
と注意しました。
息子は軽いのですがアレルギーもあるので。
これでアナフィラキシーがある子だったら大変ですよね。
おやつを用意しわすれた私も悪かったのですが、
ベトナム人は平気で色々なものを
子どもに食べさせる傾向があるので要注意です。。。




まだ雇い始めたばかりなので
これから大なり小なり色々あると思うのですが、
急に「シッターさんが欲しい!」と思い立ってから
すぐ条件に合う方が見つかったので、
本当に助かりました。

普段はママが世界一ラブな息子で、
ちょっとでもママが見えなくなると大泣きする
甘えん坊さんなのですが、
今日は息子がシッターさんの腕の中で爆睡してくれました。
他のママだったらそんな姿を見ると
ちょっと寂しくなったりするのでしょうか。
私ですか?「よっしゃー」としか思いません笑

今回は親の都合で他人に預けられてこそいるものの、
これから色々な方(できれば良い影響を与えてくれる方)
と関わって色々な刺激を受けて、
ちょっとずつ彼の世界を広げていってほしいです。


- - - - - - -

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村