会社員から駐在妻へ~ホーチミンで3人暮らし~

会社を辞めて息子と一緒に主人の海外転勤に帯同中です。

超簡単!一時帰国の際の免税手続き

f:id:yuriponpon:20170815232059j:plain

日本に一時帰国した際、
ホーチミンに持って帰るために沢山買い物をしたのですが
海外在住の日本人は消費税を払わずに買い物をできる
お店が沢山あります。
その方法がびっくりするほど簡単だったので、
ご紹介したいと思います。

1.免税店とは?対象者は?

免税店とは?対象者とは?対象物品とは?手続きは?
全てここに分かりやすく書いてあります。

https://www.mlit.go.jp/kankocho/tax-free/about.html

対象者はざっくり言うと、

■駐在員とその家族で2年以上外国に滞在予定の人
(証拠を出す必要はなし!)

または

■2年以上海外に滞在している人
(現地採用や国際結婚した人などでしょうか?)

が、

日本に一時国している場合。一時帰国の期間は6ヵ月以内。
(これも自己申告!)

2.お店での大まかな流れ

 2パターンあります。
お店のテナントで免税カウンターがあるかどうかによって変わります。

【免税カウンターなし:最初から免税価格で支払う】
(1)免税に対応するお店でお会計の際、
 「免税でお願いしたいのですが」とレジの方に伝える。

(2)パスポートの提示を求められるので提示する。
  航空券やeチケットを出す必要もなし。
  私は現在レジデンスカードではなくてビザなので
  パスポート1つで大丈夫でしたが、
  お持ちの方はレジデンスカードは持っておいた方がいいかもしれません。

(3)帰りの日程を聞かれるので伝える。

(4)その後元々消費税を足さない金額で精算して終了。

【免税カウンターあり:一旦消費税込みで買い物し、返金してもらう】
(1)普通に消費税込みで買い物する。レシートを無くさないように。

(2)免税カウンターに商品、レシートを持参。

(3)パスポート提示

(4)帰りの日程を伝える

(5)消費税分がその場で返金される。

3.出国時の空港での手続き

これがびっくりするほど簡単だったのです。
免税で買い物をするとお店のほうで
パスポートにレシートをホチキスで止めてくれるのですが、
そのレシートを自分で取って、
税関のカウンターの四角い箱に入れるだけでした。

ネットを見ると、税関で品物の現物を見せる必要があるとか、
預け荷物に入れる場合税関職員をチェックインカウンターに
呼ぶ必要があるなど書いてあったのですが、
そんな必要は全然ありませんでした。

4.注意点

まず大前提として、必ず対象の品物を日本から海外に持ち出さなくてはなりません。

次に、免税対象になるのは「一般物品」と「消耗品」の2つです。
一般物品は日本で開封して使っても大丈夫。
海外に持ち込んで、海外で破棄すれば構いません。
消耗品(食品や化粧品など)は日本で開封することができません。

最後に、日本入国の際に自動ゲートを通ってしまうと
パスポートに入国スタンプが押されないとのことで、
自動ゲートを通らずスタンプを押してもらう必要があるようです。

5.まとめ

免税対象のお店でパスポート(とレジデンスカード)だけ出せば
すぐ免税になります。
空港ではレシートを税関の箱に入れるだけ。

たったこれだけです!
航空券?住民票?現住所の確認できるもの?勤務地の証明書?
ンナモン(ヾノ・∀・`)イラナイ

簡単すぎて腰抜けしました。


免税対象になるお店はデパート、ユニクロ、赤ちゃんホンポ、マツキヨ…
かなり沢山あります。
が、地元のお店だと免税手続きに慣れていない店員さんもいるので
可能なら免税カウンターがちゃんとあるデパートやショッピングモール、
新宿や銀座のような外国人が沢山来るお店をお勧めいたします。

最初は私もよくわかっていなかったので
普通に課税で買い物していたのですが、
今考えたら本当にもったいなかった!
やり方を理解してからは、日本滞在中
パスポートを常に持ち歩いていました。
次回は全部きっちり免税手続きさせていただきます♪


- - - - - - -

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村