読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社員から駐在妻へ~ホーチミンで3人暮らし~

会社を辞めて息子と一緒に主人の海外転勤に帯同中です。

日本から持ってきたほうが良いものあれこれ

※思いつき次第随時更新する予定です!


日本から持ってきたほうが良いな、と思うものを挙げていきたいと思います。
これから赴任される方の準備の参考になれば幸いです。


<ボディケア用品>
■シャンプー、リンス
⇒こちらのは保湿剤が多いらしく、べたつくそうです。

■ボディソープ
⇒例えばダブ(Dove)って日本でもメジャーだと思うのですが、
 こちらでも同じくDove製品は売られてはいます。
 しかし、中身が違うのです!
 どう違うかって、香料がすごい!においがきつくて辛いです。
 人によるのかもしれませんが、私はNGです…

■歯ブラシ
⇒こちらの歯ブラシはブラシ部分が大きくて口を開けるのが大変です!

■ボディクリーム
⇒こちらも香料が強い。

<食品>
■醤油、みりん、日本酒など
⇒こちらにもありますがやはり高いので、最初に多めに船便に入れておくのが妥当かと。

■カレー粉
⇒なぜか手に入りにくいです。(ないわけではないけど)

ローリエ
⇒こちらも手に入りにくいです。何故だろう?
 乾燥のオレガノ、パセリ、バジルなどはあります。

■コーヒーの粉用のペーパーフィルター
⇒なぜかあまりお店で見当たらないし、見つかったとしても高い。

■ノンカフェインのコーヒー
⇒妊娠中や授乳中の方は飲まれている方もいるかと思いますが、
 今のところこちらでこれに出会ったことがありません。
 一方、ハーブティーはよく見かけます。
 (種類などによっては手に入りにくいものもあるかもしれません)


<子ども用品>
■1歳以降の離乳食(ベビーフード)
⇒日本の離乳食も7か月~用や9か月~用は見かけますが、
 1歳~用は見かけません。
 私は日本ではベビーフードはあまり使わず、外出時もお弁当派だったのですが
 こちらでは気温が気になるので
 日本から持参したベビーフードがものすごい勢いで無くなっていきます!


無添加の洗剤、柔軟剤、石鹸などなど
⇒私はベトナム語の文字が読めないので、お店に行ったとして
 何をもって無添加と判断できるのかが分かりません…。
 そもそも無添加洗剤や柔軟剤がこちらにあるのかどうかもわかりません。すみません。
 文字が読める方やベビー用品コーナーで選ぶ方は問題ないと思います。
 (ベビー用の洗剤や柔軟剤になると値段が高くなるので、我が家は買いません…)


<電化製品>
■パン焼き機
⇒今回のホーチミン移住のために購入したのですが、我が家は買って正解でした!
 こちらでもおいしいパン屋さんはずいぶん増えたようなのですが、
 かといってどこでもおいしいという訳ではないです。
 例えば、日本人がよく利用する某日系のコンビニエンスストアで、
 何気なくパンを買って開けたらアルコール臭がすごくて
 私は一口も食べずに捨ててしまいました。
 日本ではすごくおいしいという訳ではなくとも
 「食べられないパン」を売っているのを見たことがないので、
 これは私にとっては衝撃でした^^;
おうちの近くにいつでも購入できるパン屋さんがないという状況なのでしたら
 持ってくることをお勧めします。


思いついたら追加します^^


 - - - - - - -

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村