読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社員から駐在妻へ~ホーチミンで3人暮らし~

会社を辞めて息子と一緒に主人の海外転勤に帯同中です。

これは便利!Ligoの缶詰〜お魚難民問題に対するアプローチ〜

以前の記事でホーチミンでのお魚の調達に悪戦苦闘していると記載したのですが、
お魚を食べたい欲求を満たすための解決策はいくつかあると考えています。

それは、

①スーパーなどで新鮮なお魚を見分ける力を付けて、ローカルの食材を活用する。
②晴レ屋さんなどの比較的日本人向けのお店から調達する。

そして今回言及するのは

③缶詰や乾物など、新鮮さが要求されない食材を活用する。

です。

確かに生の魚を調理するよりは魚を食べたぞっていう満足度は減りますが、
子どもの体調が悪くて買い物に行けない、それどころか私が買い物に行くのが面倒くさい時にも(!)事前にストックしておけば缶詰や乾物は役立つかなと思っています。

子どもに魚を食べさせるには骨が心配ですが、缶詰だと骨ごと食べられます。

また、家庭での災害対策の一つでもあるローリングストック法にも対応できるので安心です。(日本みたいに地震は来ないか^^;)



日本からも鯖の水煮やノンオイル&ソルトレスのツナ缶を持って来てはいるのですがホーチミンでも子連れに活用できそうな缶詰を発見したので載せておきたいと思います。


Ligoのイワシのトマトソース漬けの缶詰(425g入り)です。

表示を見るとフィリピン産でシンガポールで販売している商品みたいです?ベトナム要素が無くてごめんなさい!
私は2区のMegaMarketで購入しました。
輸入品ですので値段は250円くらいだったような。
チリソース入りの赤い缶もあるのですが、息子にも使えるかな?と思い緑缶をセレクト。

私が気に入っている点は、原材料がとてもシンプルなところです。
イワシ、トマトペースト、水、塩こしょうだけ。

※同じくLigoで155グラムの小さい缶も売っているのですが、そちらは原材料が違いました。
大きさだけが違っていて、缶詰の見た目は似ています。写真ブレブレですみません。


中身を出すと大きいイワシがごろりと3匹入っています。(写真の玉ねぎは入ってません!)

トマトソースごと使って玉ねぎや茄子を入れてトマト煮みたいにしてもよし、パスタソースにしてもよし、身だけを取り出してチーズを乗せてトースターで焼いてもよし、これさえあれば料理がほんと簡単なのです。

我が家ではこちらに来てから常にストックしてあります。

 - - - - - - -

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村