読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社員から駐在妻へ~ホーチミンで3人暮らし~

会社を辞めて息子と一緒に主人の海外転勤に帯同中です。

引っ越して1週間余り…(子連れの観点から)

子ども関連

ホーチミンへ引っ越して1週間ちょっと経ちました。
子連れの観点から思うことをつらつらと…


<暑さ関連>

■道が悪いのでベビーカーは不可能。抱っこ紐必須。
 この気候で抱っこ紐だと赤ちゃんは相当辛いと思うので、
 抱っこ紐用のクーラーはとっても重宝。

■ともかくこまめに水分を取らせないと脱水症状を起こしそう



<ヒト関連>

■日本と比べて子どもに寛容、と聞いていたが
 確かに今のところ子連れで迷惑そうにされたことはないかな
 (カフェでぐずったりした場合などでも。。)
 子連れだと特に道でも気さくに話しかけてきます。
 たまに客引きのきっかけとして子どもを使われるけど。

■歩きたばこが多く、
 たばこの火が抱っこ紐から出る足に当たりそうで怖い。
 ひやっとしたことも何度もあります。

■外国人からすると抱っこ紐というものが珍しいらしく、
 「なんだありゃ」みたいな顔で見られる。
 ベトナム人からもそうだし、
 ホーチミンに来ている観光客からも見られる。 
 ※ちなみに私は白人の初老の男性から
 「写真とっていいですか?!」と聞かれ、断ることもできずに写真を撮られました…
  今頃このインターネットのどこかで私の顔が出回っているのでしょうか…^^;


<モノ関連>

■子育てに関する生活必需品(紙おむつ、粉ミルク、離乳食など)
 は日本製のものが品ぞろえは日本には劣るものの至る所で売られており、
 無くて困る!ということはなさそう。
 ただし、日本で買うよりおむつは2倍近く、離乳食は2.5倍~3倍の価格になる。

 
■その他、日本にはかゆいころに手が届く子育て便利グッズが沢山あるが、
 そのようなものはあまり売られていないのでこれは日本で調達するしかない。







…ですが、
思うのは「そんなに大変じゃないな」ということです。
子連れ関連の話に絞って書きましたが、それ以外だと
食材は野菜は日本にあるような野菜も身近に手に入るし、
昨今では薄切り肉も簡単に手に入るし(少し前までは骨付き肉やかたまり肉しか無かったとか?)
今のところ「困った!!!」ということはないです。
今のところは。

もっといろんなところに出かけてみたいし、
色々な経験をしたみたいなと思う今日この頃です。


 - - - - - - -

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村