会社員から駐在妻へ~ホーチミンで3人暮らし~

会社を辞めて息子と一緒に主人の海外転勤に帯同中です。

荷物の引っ越しと家族の引っ越しのタイムラグについて

ホーチミンへの引っ越しにあたり、
荷物の引っ越しと家族(ヒト)の引っ越しのタイミングについて書こうと思います。
※2016年冬くらいの情報です。



日本の引っ越しの場合、
遠くても1泊ホテルで過ごす程度のことはあると思いますが
基本的には荷物とヒトの引っ越しは同じ日かと思います。


ところが、ホーチミンへの引っ越しの場合は
主に船便を使う方がほとんどだと思うのですが
その場合、荷物の引っ越しに1か月半~2か月弱かかってしまいます。


そのため、ヒトの引っ越しをいつにするかなのですが、
選択肢としては2種類あり

①荷物を出したタイミングでヒトもホーチミンへ引っ越す
②荷物がホーチミンにつくタイミングでヒトも引っ越す

のどちらかになるかと思います。


①の場合、荷物が届くまでの1ヵ月~2か月弱の間は
極端な話身の回りの荷物なしで新境地で暮らすことになります。
それだとあまりにも過酷なので、
船便のほかに必要最低限の荷物を航空便で送るケースが多いかと思います。
※航空便のほうが費用は高いが、1週間前後で着く


②の場合、逆に1か月半~2か月弱日本で荷物無しになってしまうため、
その間実家などの家に住まわせてもらうパターンが多いかと思います。


我が家の場合は主人が引っ越してすぐ
家賃節約を目的に実家に引っ越したこともあり、
何といっても子ども用品が現地で無いのは一番困るため
②のパターンでスケジューリングしました。



そして、
上記2パターンのどちらにも該当する注意点が「入国カード」です。
飛行機の手荷物ではなく、
ヒトと別でベトナムに荷物を持ち込む場合労働許可を持った人が
ベトナムの空港での入国時に入国カードを入手&記載し、
提出しておかなくてはなりません。

船便は届くのに1ヵ月半~2か月弱かかる、と初めに書いたのですが
入国カードが事前に提出されている状況下で"1ヵ月半~2か月弱"です。
荷物と入国カードの照合がされて1~2週間かかるので、
②の場合例えばご主人(労働許可を持つ人)と家族が一緒に
日本からベトナムに入国したとしても、
そこからどうやっても1~2週間かかってしまうことになります。
このため、②のパターンのように引っ越してすぐに荷物が欲しい場合、
労働許可を持つ人は家族より前に入国しておかなければならないのです。

ちなみに、入国カードの期限は3か月です。
労働許可を持つ人が引っ越した直後に家族も引っ越す場合は、
入国カードと荷物の関係性は特段意識しなくても済むのかもしれません。



我が家の場合は主人が引っ越して
私たち家族が引っ越すまで半年ほどあったため、
私たちの荷物を出す際に改めて入国カードを提出する必要がありました。

我が家は1月上旬に船便の荷物を出し、
たまたま1月下旬に主人がテト(旧正月)で日本に帰国できたため
その際に入国カードを提出し、
2月下旬に私たちが引っ越す、
というスケジュールになりました。



私たちより後に引っ越しされる方に向け、
少しでも上記の情報がお役に立てれば幸いです。


 - - - - - - -

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村