読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社員から駐在妻へ~ホーチミンで3人暮らし~

会社を辞めて息子と一緒に主人の海外転勤に帯同中です。

帯同か単身赴任か④会社の福利厚生

主人出国前

海外転勤を命ぜられた方!
まずは会社の福利厚生をしっかり確認することをお勧めします。
「へぇ」というものが色々あります。
私が確認した項目を下記に列挙しておきます。


■給与、手当

 まず、円で振り込まれるのかドンで振り込まれるのか。
 振込先の銀行は日本なのか、ベトナムの銀行なのか。

 それから、海外赴任手当、
 ベトナムで物価上昇や為替変動が発生した場合のリスク手当
 などです。

 

■現地での家賃
 アパートは会社である程度探してくれるのか、
 自分でいちから探さなくてはならないのか。
 家賃負担はどのようになっているのか。
 日本人向けのレジデンスだとセキュリティの面も安心ですよね。
 そういう所だと家具付きの所が多いのでしょうか。
 ローカルの方向けだと家賃も抑えられそうです。

 

■教育手当
 入園料、月謝、教材、バス代、制服代、給食費
 会社負担してくれる費用もあるようです。

 

■旅費
 日本への一時帰国費用、
 単身赴任の場合は家族が現地に行くための費用が
 どのようになっているかです。
 日本⇔現地の飛行機代だけでなく、
 空港までの電車(バス)代、
 滞在中のホテル代なども出してくれるか確認しました。


■妻の就労制限など
 主人の会社の場合、就労制限はなし(制限がある会社が多いと思います)
 とはいえ、私は英語力がないので働けないです…。
 その他の制限事項もなし。車の運転を禁止している会社もあるようです。

 

■その他雑費
 支度手当金、パスポート取得代、ビザ取得代、予防接種など



色々細かい手当で家計は結構変わってくるので、ほんと最初に確認!です。