読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社員から駐在妻へ~ホーチミンで3人暮らし~

会社を辞めて息子と一緒に主人の海外転勤に帯同中です。

帯同か単身赴任か②子育て

収入面の次に心配なのが、

小さい子どもを連れての海外生活です。

 

幸いホーチミンは日本人も多く

医療面も日本人の病院があったり、

教育面でも日本人向けの幼稚園があったり

思ったよりもハードルは低そうだなという感じはしました。

 

そうはいっても、私にとって初めての育児。

…が海外だなんて!

不安でなりません。

 

詳しく書いていくと

■医療面での比較

 ・ホーチミンで生活した場合、会社で海外転勤の保険に入れてもらえるため

  基本的に医療費はタダ。(大人も)

  保険会社に連絡すれば通訳さんが医者に同行してもらえるので、

  思っていたより言葉の壁は低い。

 ・日本との医療レベルの差はありそう。

  主人と同じ会社の人のお子さんは風邪と診断されて病院を転々とし、

  4件目で肺炎と診断されたそう。怖い!

 ・日本で定期接種になっている予防接種は日本の住民票を抜けば

  自費で受けることになる。

  ちなみに、ホーチミンで受けること自体はおそらく問題なさそう。

 ・日本で無料で受けられた「○か月検診」が日本の住民票を抜けば

  受けられなくなる。(自費で受けられるのかな?)

 

■教育環境での比較

 ・ホーチミンには日本の幼稚園教諭の資格を持った方のいる、

  日本人向けの幼稚園があるそうです。

 ・インターに入れる選択肢もあり。

 ・何より日本だと1歳から保育園に入れて10時間保育くらいになる予定が、 

  ホーチミンだと私が家にいるのでゆっくり接してあげられる。

 ・父親がそばにいるかいないかも大きな違い。

 ・「僕、幼少期は海外で過ごしたの!」ってのもいいかなと笑

 

上記を鑑みて、もちろん心配な面はたくさんあるけど、

私はいけそうだなという感じを受けました。おそらく。

こればかりはやってみないとわかりませんが…

帯同or単身の検討、まだまだ続きます。